浅草音天祭

ー浅草音天祭とはー

浅草を代表するアーティスト「浅草ジンタ 和尚」が2015年から手がけているプロジェクト。

音楽を通して浅草ナイトシーンの発展を目指し活動を続けている。

■音天祭企画に関してのご挨拶■

震災以来全てが下降線だった浅草も、経済政策と東京オリンピック決定で、海外の方も含めた観光客で溢れかえっています。しかし、多くの観光客が浅草に宿泊しているにも関わらず、深夜の浅草は22時以降ガラッと静まりかえり、

まるで寂れた孤島のようになります。

 

本当の人のふれあいが減ってゆくのも、時代だと思うのですが、浅草にはまだまだ「遊べる、感じれる、こだわれる」ナイトスポットが沢山あり、昼夜厭わず楽しめる場所なのです。その事をまず、アーティストとその音楽の持っている大きな発信力を通して、少しでも拡散させて頂けたらと考えています。

 

「浅草のナイトスポット」とは、浅草寺や浅草神社を中心に広がるこの地域一帯のライブハウスやクラブやバー、スペース等です。これらのナイトスポットには、東東京ならではの、ものづくりや、芸人、アーティストが交流していて、カルチャー的に面白いコンセプトの店舗が数多く存在しています。下町にこだわり、芽吹く幾多の才能は、ある意味これからの日本の未来でもあります。

 

この小さくも素晴らしいシーンの発展のために、昼と夜の遊べる浅草と「音」を連動させた祭りを主催、企画してゆきます。音天祭(のんてんさい)で、少しでも東東京のナイトスポットとカルチャーが認知され、多くの人とより繋がる事を期待しています。そして、祭に訪れた皆さんにも、この素晴らしい下町の空気を感じ取ってもらい、愛着を感じてもらえれば幸いだと考えています。

​浅草音天祭実行委員会 総合プロデューサー

浅草ジンタ 和尚

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now